CV

青田 麻未 Mami AOTA

1989年 神奈川県生まれ

博士(文学, 2018年3月東京大学より授与)

 博士論文題目「環境を批評する―ー英米系環境美学の思想史的研究・理論構築」

《学歴》

2008年3月 私立フェリス女学院高等学校 卒業

2012年3月 東京大学文学部(美学芸術学)卒業

2014年3月 東京大学大学院人文社会系系研究科(美学芸術学) 修士課程修了

2017年3月 同大学院 博士課程 単位取得退学

《職歴》

2014年4月~2017年3月 日本学術振興会特別研究員DC1

2017年4月~2018年3月 東京大学文学部教務補佐員

2017年4月~2018年3月 私立淑徳中学校・高等学校 講師(中学1年「地理歴史」/高校2年「現代社会」)

2018年4月~現在 日本学術振興会特別研究員PD/成城大学

2018年4月~現在 桜美林大学芸術文化学群 非常勤講師(「現代美術論A/B」)

《出版物》

結城正美・黒田智編『里山という物語: 環境人文学の対話』(勉誠出版、2017年)

   「コラム:芸術祭と里山・里海―ー環境美学の視点から」

『フィルカル』Vol. 2, No. 1   (ミュー、2017年)

   論文「アイドルとハロプロ」

《論文》

【英語】

・AOTA, Mami. 2016. “On the Difference between Categories of Artworks and Nature.”

  Postgraduate Journal of Aesthetics 12 (1): 19-30.

・AOTA, Mami. 2017. “A Theory of Aesthetic Experience in Human Environments.”

 Proceedings of International Congress of Aesthetics 2016: 607-611. 

・AOTA, Mami. 2017. “As Beautiful as an Artworks!--Reconsidering Artistic and Natural           Beauty.”  Culture and Dialogue 5: 131-144.

【日本語】

・青田麻未「自然の美的鑑賞における認知モデルの批判的検討ーー〈制限的認知モデル〉の構築に向けて」、『哲学の探求』41号、9-26ページ、2014年

・青田麻未「アレン・カールソンの自然鑑賞論における美的性質ーーカテゴリーのはたらきに注目して」、『美学』246号、89-100ページ、2015年

・青田麻未「アレン・カールソンのリーディングリスト―ー現代英米圏環境美学におけるネイチャー・ライティングの位置」、『文学と環境』19号、15-24ページ、2016年

《競争的資金の獲得》

・2014年4月~2017年3月 日本学術振興会特別研究委員奨励費「自然の美的鑑賞における穏健な認知モデルの構築-環境倫理学との関わりを考慮して-」

・2017年4月~2018年3月  サントリー文化財団・若手研究者のためのチャレンジ研究助成「居住者と旅行者の美的経験における差異と交流――地域芸術祭を事例として」

・2018年4月~2021年3月  日本学術振興会特別研究員奨励費「人間環境の批評のための理論構築―ー居住者・観光者の環境美学」

《委員歴》

2014年~2016年 哲学若手研究者フォーラム 運営委員(フォーラム会計、総務)

2018年~現在 『フィルカル』編集委員

《口頭発表》

Coming soon…

ひとまずのところ、https://researchmap.jp/mamiaota09/をご覧ください。

Follow me on Instagram