【コンサート参戦】Hello!Project 2019 WINTER 〜YOU & I〜(@中野サンプラザ、2019年1月12日昼)

お正月はハロコン!というわけで、今年は帰省の関係で一足遅れたものの1月12日にハロコン@中野に参戦しました。なおハロコンとは、ハロー!プロジェクトに所属するグループと研修生が出てくる、総勢58人が参加しているコンサートです。すごい豪華。

以下、コンサートの感想を記すため、ネタバレします。ご注意ください。

1. 座席

まず今回、私は1階4列7番という、ステージ下手のかなり前方の席。しかも!通路の隣です。これどういうことかというと、最初と最後に披露される全体曲(ハロプロメンバー全員でのパフォーマンス)のときに、メンバーが横を通る席なんです!!!コンサート開始前、係員さんに「通路の方にサイリウム突き出さないでくださいね」と言われ、こ、ここをメンバーが通るのかと、、、興奮しすぎてヲタ仲間のグループmessengerに荒ぶる気持ちを投稿。

実際、メンバーが横を通ったときは緊張しすぎて、でも笑顔で目を合わせたい!!!と思い全力笑顔でサイリウム振る29歳女子してましたね。はい。思うところあって握手会にはほぼ行かないヲタなので、この至近距離は緊張しました。

ちなみにここで、アンジュルムの上國料萌衣さんの可愛さというか小ささに撃ち抜かれましたね、、、

2. 20周年企画

ハロプロ20周年ということで、ハロコンには回変わりでOGゲストが来ます。何かとOGの存在を強調するハロプロは、縦の伝統を意図的に創出している点で面白いですね。昨年は「二十歳のモーニング娘。」というアルバムが発売され、たとえば「WE ARE LEADERS! ~リーダーってのもつらいもの~」という楽曲では歴代モーニング娘。リーダーがリレー形式で自己紹介的な歌詞を歌う楽曲も収録されました。

http://www.helloproject.com/release/detail/EPCE-7387/

度々そのときのメンバーに合わせて歌詞が作り直されている「女子かしまし物語」がそのときのメンバーを水平的に紹介する楽曲であるのに対して、「WE ARE LEADERS!」はモーニングの歴史を垂直的に紹介する楽曲なので合わせて聞くと面白いかもですね(前者はつんく、後者はヒャダインの作なので曲調はかなり違いますが。あと私自身はこういう内輪ソングは正直苦手でもあります)。

ヲタクあるあるで話が長くなりつつありますが、私が参戦した日のゲストはモーニング娘。2期メンバーである、保田圭さん、矢口真里さん、市井紗耶香さん。

まず「サマーナイトタウン」の歌唱。3人のデビュー曲ですが、当時はコーラスのみの参加。だから当時は自分のパートではなかったところを、本当に三人三様、素敵に歌い上げるわけです。この曲のCDを買ってもらった、小学生のころに戻ったみたいに、もうなんていうかサイリウムを振ることもままならずただ直立不動で聴き入ってしまいました。しかしむしろそういう地蔵的態度がふさわしい鑑賞方法なんじゃないか、ライブ会場じゃなくてコンサート会場なんだなここは、と思わされるような。

続けて披露された「恋のダンスサイト」。これは小学校の頃の担任の趣味でクラスで踊ったりしたので、振りコピ完璧。さきほどの地蔵な自分を脱ぎ捨てはしゃぎました。現役メンバーも出てきて一緒に踊っていて。私は小学生の頃普通にモーニング娘。が好きな子供で、そのあと修士の頃にハロ回帰するまでかなりのブランクがあったので、もう今大好きなモーニング娘。と当時のモーニング娘。がつながっているという事実だけで泣ける。20年の時の蓄積を重ねて聞いてしまうってことなのかもしれない。

もう一つ20周年企画で、往年の名曲をメドレー形式で振り返るコーナー。ここでは現役ハロプロメンバーたちがグループの垣根を超えてシャッフルされて出てきます。これがやっぱり楽しいですね、普段見られない組み合わせなので。

特に心打たれたのは高木紗友希さん(Juice=Juice)と小野田紗栞さん(つばきファクトリー)による「抱いてHOLD ON ME!」かなあ。もともとすごく技巧的に優れた歌を歌う高木さんに、後輩の小野田さんがきっちりついて行こうとしているその姿がこれぞハロプロの良さ、、、という気がしました。

3. 個々のグループにおける私的見所

以下は推しとかあまりこだわらずにこの日のコンサートで良かったことを列挙。

【モーニング娘。’19】(推し:生田絵梨奈さん、横山玲奈さん)

・生田さんの美しさがやばすぎてずっと見ていた。

・他のグループと並べて聞くとやはり娘。は声質にバラつきがありますね。そこが面白さでもありますが(だからユニではなくソロで細切れに歌割りしていくのが絶対にいいと私は思うんですけどね、、、)。音源では大差ないですが、ライブで聴くと「フラリ銀座」のユニ合戦は圧倒的に小田さくらさんと羽賀朱音さんの組み合わせがきれいで素晴らしかったです。

【アンジュルム】(推し:室田瑞希さん)

・今回一番良かったですね〜〜「46億年LOVE」という良曲が当たっているのもありますが(しっかしMVはダサい。ダサかっこいいを狙ったのか?)。私はアンジュの単独ライブは参戦未経験ですが、今度は絶対行きたい。

・現場で見ると、大きい振りの部分は川村文乃さんのダンスすごくいいです。逆に体を小さくしか動かさない振りになると、佐々木莉佳子さんがかっこいいと思いました。

【Juice=Juice】(推し:金澤朋子さん、植村あかりさん)

・植村さんの笑顔が眩しすぎた。ザ・アイドル。植村さんが怖いのは本当にどんどん歌が上手くなるところだ。声に自動的にニュアンスがついているタイプなので、歌えば歌うほど上手くなる気がする。

・センター宮本佳林さんはアイドル歌唱の正当な後継者にして研究者。パワーで魅せる歌ではなく、繊細なニュアンスで喋っているような歌。「微炭酸」でダブルセンターを張っている稲場愛香さんが現在声が使えない状況でダンスパフォーマンスのみでしたが、MVでは素敵な歌声が聴けて安心。とにかくJJはみんな歌がうまい。しかもタイプがいろいろで面白い。

【カントリーガールズ】(推し:船木結さん)

・アンジュルムの船木さんも大好きですが、カントリーの船木さんが意図的にカントリー的歌い方をしている様子がたまらない。

・「愛おしくってごめんね」、当時いなかった梁川奈々美さんがまるでもう自分たちのための歌であるかのように可愛くやりきるところがたまらないです。卒業しないで、、、

・ていうか普段活動少なくなっている山木梨沙さんと小関舞さん、まじで歌声が綺麗。もったいないからもっと歌ってほしいけど、まずは学業頑張ってください、、、!

【こぶしファクトリー】(推し:野村みな美さん)

・こぶしファクトリーは最近アカペラに力を入れている。井上玲音さんのボイパに目が行きがちだし、このグループもみんな歌が上手いが、しかしアカペラとしてどうなのかということを考えたときには、野村みな美さん(動画左端)のベースボーカルがこのパフォーマンスを成立させているとしか言えない。しかしライブでも(完全に無音ではないにせよ)アカペラできていたので、なんかアカペライベントで客演したりしてほしい。

【つばきファクトリー】(推し:岸本ゆめのさん、小野瑞歩さん)

・つばきはまじで良いです。今からハロプロ何か追いたい!っていうのならオススメのグループに一つです(突然)。

・今回、小野田紗栞さんが良かった。彼女はものすごくアイドルをやりきっている人で、すごく自信家。その徹底ぶりはしばしば某掲示板でも話題になっているのですが、パフォーマンス中のきらめきがものすごかった。キラキラが物理的に飛んでくるかと思った。これはアイドルとしての自分に自信と誇りを持っている人だからこそ出せるきらめきなんだなあ、ともはや崇高ささえ感じた。すごい。

・今回披露された「三回目のデート神話」「表面張力〜Surface Tention〜」の動画はどちらも公式でまだないので(なおどちらも良曲。後者はすでに昨年発売されたファーストアルバム「first bloom」で聴けるのでみんな聴いてほしい。)、代わりに「デートの日は二度くらいシャワーして出かけたい」を。これは近年ますます貴重になる、つんく作詞作曲で昨年リリースされた曲です!Aメロで重層的に重なるメロディー、Bメロの絶妙なリズム、サビで入る90年代アニメ曲のような装飾音、そして小片リサさんと岸本ゆめのさんが堂々と取るセンター。最高かよ。

【BEYOOOOONS】(推し:前田こころさん、岡村美波さん)

・新興グループですがもうパフォーマンスが完成している笑。謎に演劇調の楽曲をやらされているのですが、女子校演劇部出身としてはこういうともすると痛いノリ嫌いじゃない。男装している前田こころさんにコロッと落ちました。

・とはいえ注目すべきは山崎夢羽さん。松浦亜弥さんに似ているとも言われていて、実際今回のコンサートでも「桃色片想い」のパフォーマンスに抜擢。本当にメジャーデビュー前とは思えない、余裕で歌いこなしている!という貫禄の雰囲気。

長くなりすぎた。なんで好きなものについてはいくらでも書けるのだろうか。

とにかく今年もハロプロを追いつつ、いろいろなアイドルについて知っていきたいと思う所存です。オススメあればご一報ください。